プラチナタイム研究所とは

 

人生100年時代・・・ 定年以降にもたくさんの時間が残されています。

これまで夢中で頂上を目指して山を登ってきましたが、登頂後の下山の道こそが

人生の後味を決める重要な時期と私達は考え、

それを「プラチナタイム」と名付けました。

 

登った山は様々でもその登り道で得た知識と経験を、

どのように下り道で知恵へと昇華していくか・・・

人生の後半戦を後悔と不満ではなく、

より豊かで真に価値あるもの(プラチナタイム)とするための

方法を研究していきます。

 


 

        宣言(ステートメント)

 

 

   みんな山の頂を目指して登って来ました・・・

 

 それぞれ極めた山は急崚、霊峰、なだらかな丘、と多様かもしれませんが、頂上まで達したらあとは誰でも必ず下らなくてはなりません。しかし下りの道には私達を本当の最終ゴールに導く重要な役割があると思うのです。

 

 

  懐かしい故郷に帰る人・・・

               更に未知のフロンティアを求めて尾根伝いに行く人・・・

                                          どこかにあるに違いない桃源郷を夢見る人・・・

                                          私達は何を求めて帰路につくのでしょうか?

 

    また下山の道には登りでは気付かなかったものもたくさんあります。

    凛と立つ樹の姿に驚く・・・

    立ち止まり花の香りを楽しむ・・・

    小鳥や虫の声に耳を澄ます。

 

   そんな感動を探しながら、私達は自分の歩んできた道で得たものを整理して、登山の意味を改めて

   考えてみたいと思います。

      しがらみから離れ世の理を知ること・・・

      他者を受容し発見と学びと共生を楽しむこと・・・

      自ら得たものを社会に還元し次世代に繋ぐこと・・・


10月のコラム (高草木陽光)


大盛況! 人生100年時代!年齢を重ねるごとに輝く、男と女の人生設計

 

 『プラチナタイム研究所』発足に伴い、201792(土)に「キックオフ・イベント」として、特別セミナーを開催させていただきました。

 

「人生100年時代! 年齢を重ねるごとに輝く、男と女の人生設計」と称したセミナーは、およそ70名の方たちにお集まりいただき、おかげさまで大盛況にて終えることができました。

 

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

この日セミナー講師として登壇したのは『シニアの品格』(小学館)の著者であり、ユーダイモニアマネジメント株式会社 代表取締役の小屋一雄氏。

 

 

 

 そして私、『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』(左右社)の著者であり、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光でした。

 


 小屋氏は「コーチ」としての立場から、そして私は「夫婦関係のカウンセラー」という立場から、それぞれの専門分野からの視点で、“今後の人生をどう生きるか”ということに関してのご提案や、思うことについてお話しさせていただきました。

 

 また今回、このセミナー終了後にご記入いただきました、皆さまからのアンケートを拝読して、私自身、多くのことに気付かされました。

 

 今後の人生の楽しみ方や生き方を模索している人、家族とのつながりを、より強固なものにしていきたいと思っている人がたくさんいるということ。

 

 そして、社会とのつながり、つまり「人」とのつながりこそ、人生100年を生き抜くエネルギーになるのだと確信しました。

 

 今後は『プラチナタイム研究所』を多くの皆さまに知っていただくための活動、そして、これからの時代を楽しく豊かに生き抜くための、ご提案や情報発信をしていこうと思っております。

 

 

 最後に、今回のセミナー主催者の『プラチナ・ギルドの会』の奥山理事長、ご協力いただきました会員の方々に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

(2017.9月/文・高草木陽光)

左から、奥山理事長、高草木、小屋氏、司会の伊藤氏

研究室(毎月更新)


小山研究室

 

   

 

  ■  研究課題 「心の整理力」

 

 

  研究テーマとスケジュール

 

 

 11月   研究の概要

 12月  今は人生のどの辺?

    1月  整理整頓のための

                                                 メソッド

           2月   還暦を迎えた恐怖と脱却

           3月  幸福と生きがい

       4月  ゆとり

                 5月  良心と負の心

                 6月  距離

                 7月  思い遣り

    8月  夫婦、家庭 

        9月    社会との繋がり 

         10月  まとめ

 

 

伊藤研究室

 

  

研究内容: 人生の後半戦をどう楽しむか?

 

 会社という枠から飛び出し、或いは家族という関係から少し離れた時に、私達はどういう基準を持つのでしょう。これまでの固定的な価値観や人間関係から自由になり、自分の「常識」を一度ぶっ壊してみれば、そこには新しい発見や学びがきっとあります。

 

「世の中考え方ひとつで違って見える」と言います。それを決めている自分の見え方や聞こえ方、感じ方をまずは疑ってみることから始めてみたいと思います。

 

この世界には色々な人がいる・・・と漠然と感じていることを少しずつ研究し、違っている人を無視したり諦めるのではなく、違いを面白がり受容していくことで、世界の多様性と広さを探求したいと思います。

 

人間の身体特性、文化特性、指向と嗜好、世代間格差などなど。

 

それは自分自身を再発見することになるかも知れません。


研究テーマ:『シニアの品格』

研究内容:「シニアの品格」(2016年小学館)とその周辺情報、そこからひろがる思索

 2016年6月に小学館より「シニアの品格」を出版して以来、実に多くの新しい方々や団体と知り合いになることが出来ました。

 とてもありがたいことに、著者の想定以上にとても高い評価をしてくださる方も多くいらっしゃいました。深読みをされて、著者が考えもしなかったようなことに思いを馳せ、著者自身が気付かされた、ということもありました。たぶん、「シニアの品格」とは、そういう本なのでしょう。

 いずれにしても、この出版で一番勉強をさせてもらったのは著者である私自身ではないかと思っています。

 執筆している時には分からなかったこと、まだ十分に深めていなかったことも、新しい人との出会いによって深めることが出来ました。そして、これからもっともと探っていきたいと考えています。

 この研究室では、是非その探求の旅を読者の皆さんと一緒に進めていきたいと思っています。

 

 どうぞ宜しくお願い致します。

高草木研究室

研究テーマ:パートナーシップ

研究内容:パートナーシップの向上・幸福感



ゲスト研究室(自由更新)

旅行記



投稿作品(メンバー)

会員の方々の日々の生活の中で、チョッとした ”気づき” を自由な形で発表していただくコーナーです。


研究員・投稿者 プロフィール


編集者から


イベント情報

9月2日(土)キックオフ・イベントを開催。 詳細はイベント情報を クリックしてください!

著書「なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか」の高草木陽光さんと           著書「シニアの品格」の小屋一雄さんの 講演&トーク


ご意見・お問い合わせは

 下記の項目にご記入の上、送信をお願い致します。